What's New

陶 翫粋(がんすい)

GANSUI... Gallery of contemporary ceramic art

 

烹葵 (ほうき:7月)企画

呼継

安食 ひろ

十盌十盃 plus one

 

2019.07.07(金) - 2019.07.16(日)

作家在廊日:07.05(金),07.06(土),07.07(日)


呼継とは本来破損した陶器を補修する技法で当該の破片だけで
修復ができかねる場合など、全く別の陶片を嵌め込むものです。

安食さんは以前からお気に入りの陶片やシーグラスなどを使った
作品も創作しておられ、時と空間を融合し未来へつなぐその柔軟な
スタイルはとても興味深いものです。今回は 李朝・古唐津・初期伊万里等の
陶片を活かして、器を創作していただきました。  

 

    

呼継を作っていただく陶片を唐津の矢野直人さんに依頼しました。
矢野さんが、古唐津や古伊万里、李朝の陶片を熱心に集めているときき、協力をお願いしたところ、快くたくさんの陶片を送ってくれたのです。ただ、ご自分の参考資料として集められた陶片で、そのほとんどは高台部分。さて、これをどのように活かせば良いのか、難しいだろうと思いつつ、安食先生にお任せしました。

できてきたものは、想像を超える作品。安食さんの遊び心が偲ばれるものばかりです。今回もまた、ユニークな展覧会です。


使用した陶片:
   李朝 機張(キジャン)、蔚山(ウルサン)
   古伊万里 百間、
   古唐津 祥古谷・李祥古場  など
その他、シーグラス(浜に打ち上げられたガラス片)

  


『ろうた しまうら』

「唐津の高台破片の上に茶碗をのせて塩釉の窯で一緒に焼成。

"ろうたしまうら” 銘

 浦島太郎の逆で数百年若返ってしまった。人間が侘・寂といって
愛でていたものは、地球規模から言えばほんの汚れ、何ら変わっていないことの証明也」(安食ひろ 2019.6月)

 厳密には呼継と呼びにくいかもしれないが、安食さんらしい発想の
一盌。今回の案内状の写真に使わせていただきました。


1948 島根県出雲市に生まれる
 1969 武蔵野美術大学油科中退
 1971-73  インド、欧州、アフリカを放浪
 1975 出雲市で築窯
 1980 日本伝統陶芸展初出品初入選
 1981 インド、エジブト窯見学
 1983 日本陶芸展初出品初入選
 1987 田部美術館茶の湯の造形展 大賞受賞 『塩釉水指』 
 1996 田部美術館茶の湯の造形展奨励賞、『塩釉 鉢の子盌』
    4回淡交ビエンナーレ、茶道美術展
    鵬雲斎千宗室家元、特別賞 『塩釉盌』
 1998 5回淡交ビエンナーレ、茶道美術展
    奨励賞 『ルリ塩釉盌』
 1999 3月ブータンで野点2席をし、深呼吸
    NHKBS2番組『やきもの探訪』「出会いを求めて 」をテーマに
 2000 田部美術館大賞優秀賞 『平成婆娑羅盌』 
    『 石門』発刊
 2002 岐阜県現代陶芸美術館開館記念
    現代陶芸の100年展 『婆娑羅盌』、『鉢の子盌』出品・収蔵
 2003 田部美術館大賞奨励賞 『塩釉バサラ盌』
 2005 インドにて個展、茶会
    メトロポリタン美術館(N.Y. )『バサラ茶盌』展示・収蔵
 2006 ドイツにて茶会
 2007 東京にて求美図夢(キュビズム)茶会
 2008 隠居宣言
 2009 所蔵名品展 岐阜県現代陶芸美術館 
 2010 マリア・セラーノに捧ぐ
    ルイス・バラガン美術館(メキシコ)
 2011 新潟小千谷にてバサラ茶会
 2012 インド・サンティニケタンにて天竺楽盌制作 
 2015 Jマービスギャラリーにて個展(N.Y.)
 2016 パリにて個展・茶会

 翫粋企画展
 2015.12.04 - 12.13  憧憬
 2016.05.27 - 06.05  婆娑羅
 2018.04.06 - 04.15  楽(らく)仕立 唐三彩


 

 

 

 

 

作品紹介

 

茶盌 

淡路島 AWAJI-SHIMA(ajh190701) φ13.5xh8.8cm  JPY100,000 初期伊万里
夜半の月(ajh190703) 14.7x10.5xh8.5cm JPY100,000  シーグラス
ろうた しまうら(ajh190708) φ12.5xh9.7cm JPY70,000

無辜(ajh190709) φ11.5xh10.8 JPY100,000 古唐津陶片

壱岐(ajh190710) φ15xh8.6cm JPY100,000   初期伊万里陶片
夜半の月影(ajh190711) φ15xh8.6cm JPY100,000 李朝ウルサン陶片
尋花(良寛詩)(ajh190718) φ16.5xh6.7cm JPY100,000 初期伊万里陶片
岩陰に(ajh190719) φ13.2xh9.3cm JPY70,000 絵唐津(草紋)陶片
下手麗(ajh190741) φ12xh10.5cm JPY50,000  古唐津 祥古谷陶片
苫屋(ajh190745) φ12.5xh9cm JPY100,000

 

茶杓 A tea scoop with a case JPY50,000

(ajh190723)
弥助(ajh190730) (ajh190726)
コノ穴ノ向コウニ君ハ何ヲ観ルカ
(ajh190727)
行き逢いの空
(ajh190729)
光秀(ajh190728)
一味(ajh190724)
雨宿り
(ajh190731)
(ajh190722)
在りがままに
(ajh190725)
   
   

 

plus one 

白備前(白磁)水指 φ17xh19cm JPY200,000

 

 

 

陶 翫粋(がんすい)  開廊 12:00 - 19:00
定休日:(月)・火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

お問合わせ

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)