What's New
作品紹介


作 家

artist

加藤 委(b.1962-)

KATO, TSUBUSA


サンカクノカケラ A piece of triangle 38.5x34x17cm 


加藤 委 Kato, Tsubusa

1962 多治見市に生まれる

1979

多治見市陶磁器意匠研究所修了
1984

朝日陶芸展入選
独立
1986

尼ヶ根古窯発掘調査参加、同古窯保存運動展開
中日国際陶芸展入選
1989

初個展(SAVOIR VIVRE/東京)
川小牧に転居、薪窯築窯
1993 「陶 Vol.85 加藤委」刊行(京都書院)
1996


「凛・現代の陶芸美展」(滋賀県立陶芸の森陶芸館/滋賀)
「現代陶芸若き旗手たち」(愛知県陶磁美術館/愛知)
「磁器の表現・90年代の展開」(東京国立近代美術館/東京)
1998 「土を切る―加藤委」放映(NHK BSやきもの探訪)
1999



「ファエンツァ 愛知 ソウル コンテンポラリーセラミックアーツ」
    (ケプコプラザギャラリー/ソウル
「13人の陶板&プレート展」(gallery陶夢/滋賀)
ソウル科学技術大学校にてスライドレクチャー、ワークショップ )
2002 「現代陶芸の100年展」(岐阜県現代陶芸美術館/岐阜)
2003 「白磁・青磁の世界展」(茨城県陶芸美術館/茨城)
2004


「心のかたち・暮らしのかたち展」(岐阜県美術館/岐阜)
「ミノ・セラミックス・ナウ2004」(岐阜県現代陶芸美術館/岐阜)
「行為する日々 加藤委・金憲鎬展」(瀬戸市新世紀工芸館/愛知)
2006

「Toji 陶磁―日本陶芸の伝統と前衛展」(フランス国立陶磁器セーブル美術館/パリ)
「Fleeting Moment」(Dai Ichi Arts/ニューヨーク)
2007


「青磁展」(Galerie Handwerk/ミュンヘン)
「第2回パラミタ陶芸大賞展」準大賞(パラミタミュージアム/三重)
美濃茶会(神言会多治見修道院/岐阜)
2009



「select & collect -牛田コレクションを中心に-」(gallery VOICE/岐阜))
第3回牛田コレクションに認定
「交差する視点とかたち vol.3」(コンチネンタルギャラリー/北海道)
多治見市小名田町に転居
2010 試みの茶事―北の丸大茶会(東京国立近代美術館工芸館/東京)
2011

「Cashiの水」(楽翠亭美術館 蔵/富山)
「白の時代」(益子陶芸美術館/栃木)
2012



「交差する視点とかたち vol.5」(札幌芸術の森美術館・紋別市立博物館・北海道立釧路芸術館巡回/北海道)
「ミノ・セラミックス・ナウ2012 -MINO陶芸の気鋭-」(岐阜県現代陶芸美術館/岐阜)
「Pineの水」(館游彩/東京)
2013


日本陶磁協会賞受賞
第7回円空大賞受賞
多治見市小名田町に新窯築窯
2014 「加藤委・新里明士 二人展 -うぶすなの家茶会の記録-」(ぎゃらりぃ栗本/新潟)

コレクション
愛知県陶磁美術館(愛知)
京都新聞社(京都)
石川県立九谷技術研修所(石川)
菊池寛実記念智美術館(東京)
岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)
牛田コレクション(岐阜)
シカゴ美術館(シカゴ)
ブルックリン美術館(ニューヨーク)
メアリー&ジャクソン・バーク財団(ニューヨーク)
ビクトリア&アルバート美術館(ロンドン)
茨城県陶芸美術館(茨城)


作品紹介

陶 翫粋(がんすい) 開廊 12:00 - 19:00
定休日:火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

お問合わせ

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko Kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)