What's New

陶 翫粋(がんすい)

GANSUI... Gallery of contemporary ceramic art

 

建亥月 (けんがいげつ:  10月)企画

備前 甕の中

星野 聖

十盌十盃 plus one

2018.010.19(金) - 2018.10.28(日)

作家在廊日:10月19日(金)、21日(日)、28日(日)

Sei Hoshino tea bowl

大窯焼成の時代、小ぶりな器は大甕の中で焼かれていました。微かに降り積もった灰は、じっくりと焼き込まれたきめ細かな備前の土に優しい表情と独特な景色を添えます。

 すっきりと洗練された形と大窯による焼成を得意とする森陶岳門下である星野先生には、甕を使った焼成をお願いしました。
  寒風(さむかぜ)から得た白い土を塗り、焼成による微細な変化を土に写した作品は、優しい表情と凛とした存在感が漂います。

 

 

 

鴻賓月 (こうひんげつ:  9月)企画企画

黒茶盌と蹲壺

谷 穹

十盌十盃 plus one

2018.09.21(金) - 2018.09.30(日)

信楽の谷穹さんの作品を紹介いたします。

大壺を得意とする谷さんは古信楽の美しさに触れ
技法を研究する中で、古信楽に無い独特な美しさを
作り上げて来られたように思います。


黒ドベを塗り還元で焼成した置き冷ましの黒茶盌と
幾度も焼成を重ねたマットな風合いの蹲壺。

古信楽を超えた信楽の創作を模索する谷穹作品を
是非ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

 

 

 

雁来月(かりくづき: 8月)企画

唐津白瓷・呉須象嵌

村山 健太郎

十盌十盃 plus one

2018.08.31(金) - 2018.09.9(日)

作家在廊予定日: 8.31(金),9.1(土),9.2(日)

唐津焼といえば味わいの深い土物だが鉄分の少ない白い土は少ない。
今回の作品で村山健太郎さんが使っている白く細かな土は、唐津でも地層のかなり深いところから掘り出されたものでこれまであまり流通していなかったものだ。
佐賀窯業大学で磁器制作を学んだ村山さんの繊細な仕事を生かしたスッキリと端正な形の白い器には祭器の清浄感があり、微かな縮れを見せる上薬の表情も面白い。また、呉須象嵌を施した作品はどこかデルフトのような優しい風情が漂う。

 

 

NEWS


星野聖さんの大甕搬入(10/5)

星野聖さんの案内状できました
ご希望のかたはメールを!
(10/4)

谷穹展作品紹介(9/21)


 

 

陶 翫粋(がんすい) 開廊 12:00 - 19:00


定休日:(月)・火・水・木 (企画展会期中無休) 
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

お問合わせ


gansui.gallery
陶 翫粋(がんすい)gansui gallery、Shizuko Kohara 玄武と朱雀

Copyright 2015 GANSUI GALLERY.All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている画像、文章等を許可無く使用することを禁じます。